メディア掲載事例

『女性自身』「娘に相続させない」コメント掲載して頂きました

2021.7.23


『女性自身』「娘に相続させない」コメント掲載して頂きました

『女性自身』「娘に相続させない」コメント掲載して頂きました

 

母娘関係改善カウンセラーの横山真香です。

 

  • 大切な娘なのに相続させたくない?

 

『女性自信』7月27・8月3号の記事で私のコメントを掲載して頂きました。「タレントの明石家さんまが娘イマルに財産を相続させたくない?」といった内容の記事です。イマルの交際相手を心よく思っていない?さんまの発言に注目が集まっているようですが、娘のパートナーを気に入らない親が、相続について悩む話は実際にあります。

 

「娘のことはとても大事に思っている。しかし、結婚して娘婿の影響により、娘の人格が変わってしまった。以前は優しかったのに、今はお金のことばかり話すようになってしまった」。

 

こうした話をされるクライアントさんは意外と多いのです。結婚を機に、娘夫婦と疎遠になった人もいます。結婚してしばらくしてから、娘がやたらと親の財産を気にするようになり、旅行にでも行こうものなら、「無駄遣いしないで。孫の教育費も考えてよ」と言ってくる。自分達の子供のことなのに、祖父母が出すのが当たり前のように思っているようで、それも娘婿の影響と考えてしまう、といった話もあります。

 

または、結婚してしばらくしてから、突然「今後、一切連絡しないでください。相続も放棄します」と言われた、など、親子の縁とお金のつながりは密接なものがあります。とくに、娘だけではなく、娘婿との関係も間に入るようになると、問題が複雑になります。

 

あるいは、結婚していない独身の娘であっても、親が相続について前向きになれないケースもあります。一人娘は40代後半。結婚する気はなく、仕事は続けていますが、老後が心配になり始めています。そこで、親にはまとまった財産を残すように、節約、倹約しろと言ってくるのです。

 

娘の態度に親も呆れて、「いっそのこと、私達にもしものことがあったら、全額寄付しようかと夫と話すようになりました」と言うクライアントさんもおられます。

 

  • 何を残すべきなのか

 

一方、長い間カウンセラー活動の中で、あるクライアントさんが話して下さったエピソードが忘れられず、心に残っています。この方は二人姉妹の妹ですが、両親はクライアントが中学生の時に離婚しました。母親は娘達が結婚した後も高齢になるまで働いていました。

 

その後、思うように働けなくなったのを機に仕事をやめましたが、旅行に行くでもなく、洋服などもあまり買わずつましい生活を送っていたそうです。

 

姉妹はそんな母親に、「お母さんは一生懸命働いてきたのだから、今はせめて好きなことをして、旅行にも行ったらいいじゃない」と勧めていたそうですが、母親は今の生活で十分だと言っていたそうです。

 

しばらくして母親の体調が思わしくなく、検査したところ、癌であることがわかりました。そして半年後、母親は亡くなったそうです。悲しみに暮れる姉妹でしたが、母親の残した貯金通帳を見て、二人は仰天したのです。なぜなら、節約、倹約を重ねた母親が残してくれた財産が数千万円だったのです。

 

「母はよく、『離婚であなた達につらい思いをさせて申し訳ない』と言っていました。罪滅ぼしのつもりだったのでしょうか。私達は、経済的には裕福ではなかったけれど、母親の愛情に包まれて子供の頃も今もとても幸せなのに」と言って、クライアントさんは涙を流されました。

 

  • 相続で受け継ぐのは財産だけでなく、親の思いも

 

相続するのは物です。当たり前ですが、お金、家、土地といった物です。けれども、そこにはほぼ、親の思いが含まれています。

 

子供の幸せをつねに願い、経済的に少しでも役にたつのであれば。

 

それが時には、親の見栄が絡むこともあります。あるクライアントさんは次のように話してくれました。実母が長男の嫁とその実家にライバル意識を持っており、「自分が死んだらできるだけ多くの財産を長男に相続させてやりたい。嫁とその親に見せつけてやりたい」と言って、娘であるクライアントさんには、「あんたは嫁にいったのだから、我慢してね」と話すそうです。

 

これは極端な話ですが、相続に親の思いが絡んでくるのは当然のことです。理想は、親の思いを子供が感謝して受け止められることではないでしょうか。価値の大小にかかわらず。

 

 

母娘関係改善カウンセリングのご案内はこちらになります。

 

振り回されないマインドを作る―実践マインド・プログラムのご案内はこちらになります。

 

 

 

テーマ: 雑誌掲載


このブログを書いた人

母娘関係改善カウンセラー横山真香|SHINKO

横山真香(しんこ)

母娘関係改善カウンセラー横山真香です。母娘関係修復、改善のためのカウンセリングを行っております。母娘関係に悩み苦しむご相談が数多く寄せられており、カウンセリングの現場から必要な情報を発信しています。

詳しくはこちら

電話カウンセリングのお申し込み

今の状況を変えたい、母娘の関係を変えたいと少しでも願うならば、どんなことでも、どんな小さなことでもいいので何かをスタートしてみてください。 ぜひ私のところにご連絡を下さい。

ブログ検索



最近のメディア掲載

  • 『女性自身』「娘に相続させない」コメント掲載して...

    『女性自身』「娘に相続させない」コメント掲載して頂きました   母娘関係改善カウンセラーの横山真香です...

    詳しく読む
  • CHNTOWEBで母娘問題記事が配信されました

    母娘関係改善カウンセラー横山真香です。 CHNTOWEBより母娘問題に関する取材を受け、記事を掲載して頂きました。...

    詳しく読む
  • 『女性自身』「中居正広さん」関連記事でコメント掲...

    『女性自身』「中居正広さん」関連記事でコメント掲載して頂きました   母娘関係改善カウンセラーの横山真...

    詳しく読む
  • 『女性自身』最新号にコメント掲載して頂きました

    『女性自身』最新号にコメント掲載して頂きました   母娘関係改善カウンセラーの横山真香です。 &...

    詳しく読む
  • 『女性自身』に子育てに関するコメント掲載して頂き...

    『女性自身』に子育てに関するコメント掲載して頂きました。   母娘関係改善カウンセラーの横山真香で...

    詳しく読む

About Me

横山真香(しんこ)
母娘関係改善カウンセラー

本当は母親こそがカウンセリングが必要なのです。母親こそが変わって欲しい。そうすれば母親自身も、そして娘さんも幸せになるプロセスが加速するはずです。
まだまだ世間一般に知られていない部分もある母親の心理について豊富なカウンセリング実績がございます。

著書:長女が母の呪縛から自由になる方法

著書『あなたはもっとラクに生きられる 長女が”母の呪縛”から自由になる方法』(大和出版)

 音声ラジオで聴く on Spotify(18分)

 音声ラジオで聴く on Podcast(18分)

連絡先

横浜元町ルーム
横浜市中区元町4丁目(ご予約後にルーム場所の詳しいご案内を致します。)

東京広尾ルームグラマラスエイチ
東京港区南麻布4-5-48フォーサイト南麻布4階グラマラスエイチ

実践マインドプログラム