たくさんの方の悩みをお聞きしてきた心理カウンセリングの現場から、皆様にも共有していただけそうな解決のヒントをお届けしてまいります。

母娘関係改善カウンセリング横山真香のブログ 横浜元町&東京広尾ルーム

正月休み、長女と次女の確執で気を遣う母親

2019.1.6


正月休み、長女と次女の確執で気を遣う母親

正月休み、長女と次女の確執で気を遣う母親

 

20195月(予定)大阪・兵庫での個人対面カウンセリングを行います。

 

母娘関係改善カウンセラーの横山真香です。

 

一緒にいさせたくない長女と次女

 

お正月休みに、離れて暮らしている長女や次女が帰省するというのはよくあることです。

 

久しぶりに帰ってくる娘達とのおしゃべりは楽しみでしょう。いつもは夫婦だけの静かな食卓も娘達が加わるだけで賑やかになり、無口な夫が笑うこともあるでしょう。

 

親戚や友人からも、「あなたのところはいいわね、娘さん達が帰ってきて賑やかになるでしょう」とうらやましがられることもあるかもしれません。

 

そんな言葉を複雑な思いで受け止める母親。なぜなら…、姉妹の仲が悪くて、一緒にいると喧嘩が絶えないからです。

 

いつも双方に気を遣い仲裁に入るのが母親なので、今回も二人の帰省の日程をなんとかずらしてもらおうと思ったところ、冬休みの期間が短かったためバッティングしてしまいました。

 

こうした状況、ブログを読んでくださっているあなたも、今回のお正月休みがまさに同じだったのではありませんか。

 

2人だけの姉妹で年齢もそう離れていないので、話も合うはず。洋服だって貸し借りできるし、恋ばなだって母親に話すよりは姉妹同士で話した方が理解しやすいはず。

 

それなのに…。なぜか口もきかない姉妹の冷ややかな関係に、母親は途方に暮れるばかりです。

 

長女が遠方にある大学に入学したのを機に、家を出てから次女と3人の生活が始まり、ホッとしたのを今でも覚えている母親。

 

そして、次女も卒業後、実家を出て一人暮らしを始めたので、長女との接点がほとんどなくなり、ホッとしていた母親。

 

相手の良いニュースを聞くともう一人が嫉妬する

 

お互いの近況は母親を通して知るのみですが、その伝え方についても母親は気をつけるようにしています。

 

というのは、どちらかの良いニュース、たとえば、仕事で昇給したとか、彼氏ができたといった話を聞くと、一方は嫉妬なのか不機嫌になるからです。

 

そこで、母親の方でも嬉しい話はあまり出さずにとにかく元気でいるようだ、ぐらいに抑え伝える内容に気をつけているのです。

 

とくに母親が緊張するのは、お盆とお正月休みです。帰省で二人が顔を合わせるのはできるだけ避けたいのです。

 

そこで、日程調整をするものの、休みの期間が短いとどうしても重なってしまいます。

 

片方が母親を責める「なんであっちだけ、ひいきするの?」

 

神奈川県在住のYさん(パート・57歳)には、離れて暮らす長女(28歳・サービス業)と隣の県で一人暮らしをしている次女(26歳・会社員)がいます。

 

夏は別々に休みを取るため、姉妹が顔を合わせることはないのですが、お正月休みはどうしても帰省、実家の滞在が重なってしまいます。

 

2人とも顔を合わせただけで、なんとなく表情が厳しくなり、一方が自室に行ってしまいます。

 

年末の大掃除やおせち料理の準備をしたりするのも、二人一緒は気まずい空気になるため、一人には買い物を頼み、もう一人には家の中での掃除を頼みと、手伝いの配分を考えます。

 

今回、次女が交際している人の話で盛り上がっていたのですが、2日遅れで帰省した長女が加わると、その話はNGです。

 

Yさんが一番苦労するのは、二人に公平に対応することです。片方を褒めたりすると、必ず後で、もう一方から「なんでお母さんはお姉ちゃん(または妹)ばかり褒めるのよ」と必ず責められるからです。

 

その後に続くのが、「昔からそうだった。お母さんはいつもお姉ちゃん(または妹)をひいきする」のセリフです。

 

Yさん自身は全くそのようなことはしていないつもりなのですが、なぜか、それを責められてしまうのです。

 

次女の結婚話におそらく嫉妬する長女、母親としてどう対応すれば?

 

今、Yさんが一番気になっているのは、次女の結婚話です。交際相手とは結婚を視野にといった話も出ているらしく、それはそれで嬉しいのですが、まだ結婚の話もない長女がこれを聞いたらどのような反応をするのか、それを思うとYさんはどのように接していいかわからないのです。

 

ここまでブログを読んで下さって同じような立場にいらっしゃる母親のあなたは、Yさんの気持ちはよく理解されておられることでしょう。

 

母親としてはもちろん、娘二人とも大事な存在です。ひいきも何もしているつもりは全くないはずです。

 

それなら、その気持ちを再確認してそろそろ、二人の関係に気を遣うのはやめにしませんか。

 

姉妹とも十分、大人です。二人の関係は二人の問題であって、母親であるあなたは間に入って仲を取り持つ役割から外れることにしませんか。

 

どちらかが「お母さんはひいきしている」と責めてきたら、「そんなつもりは全くない」とつっぱねることはできそうですか。

 

娘二人がまた言い争いを始めそうになったら、宣言して下さい。

 

「二人で勝手にどうぞ」と。

 

Yさんは、家族は仲がよくて当たり前。まして姉妹なら、という思いがあります。

 

けれども、姉妹でも「同じクラスにいたら絶対に仲がよくない相手」という関係もありなのです。

 

母親として、二人を平等に愛し育てたつもりでも、もって生まれた性格、気質は異なります。

 

友達なら付き合わなくていい、という関係でも、姉妹は家族なのでそうはいきません。

でも、大人になり生活する環境が異なる場になるのであれば、それはそれでよいのです。

 

あなたが望むスタンスで

 

Yさんはつねに姉妹の仲の悪さが心にひっかかっており、育て方がいけなかったのだと自分を責めておられました。

 

けれども、私の行っている「心のプロセス・カウンセリング」を受けられるうち、なぜ自分を責めるようになっていったのか、そのプロセスを辿ってみました。

 

そこで、娘達に気を遣うのは責められるときに感じる怖さがあるからで、それを自分のふがいなさと思っていることに気づかれたのです。

 

「心のプロセス・カウンセリング」ではご自身の心がどのように動くのか、そこからどのような言動に出るのかを辿る作業をします。

 

心の動きを辿るうちに、自分が正しいと信じ込んでいたことが、実は自身をがんじがらめにしていることがわかるようになります。

 

そこから、本当は自分がどのようなスタンス(心の姿勢)でいたいのか、見えてくるようになります。

 

Yさんもこの思い込みに気づかれたことで、姉妹の仲裁をする役割をきっぱりやめることができるようになりました。

 

このブログから、ご自分も同じような立場にして悩んでいるという方は私の実践する「心のプロセス・カウンセリング」を受けてみませんか。

 

お問い合わせは私のホームページから。またはお電話 090-5206-8576

へ直接お問い合わせくださいませ。「心のプロセス・カウンセリング」の内容について、あなたのケースの場合、どのようなセッション展開になるのかをご説明させて頂きます。

 

 

テーマ: 姉妹


このブログを書いた人

母娘関係改善カウンセラー横山真香|SHINKO

横山真香(しんこ)

母娘関係改善カウンセラー横山真香です。母娘関係修復、改善のためのカウンセリングを行っております。母娘関係に悩み苦しむご相談が数多く寄せられており、カウンセリングの現場から必要な情報を発信しています。

詳しくはこちら

電話カウンセリングのお申し込み

今の状況を変えたい、母娘の関係を変えたいと少しでも願うならば、どんなことでも、どんな小さなことでもいいので何かをスタートしてみてください。 ぜひ私のところにご連絡を下さい。

ブログ検索



最近の投稿

  • 「娘が母親の愚痴の聞き役をやめる方法とは?」

    月1回、母娘問題講座を開催しております。 母娘問題連続講座 第4回 「娘が母親の愚痴の聞き役 をやめる...

    詳しく読む
  • 朝日新聞朝刊声欄に私のコメント掲載して頂きました...

    朝日新聞朝刊声欄に私のコメント掲載して頂きました   母娘関係改善カウンセラーの横山真香です。 ...

    詳しく読む
  • 母親の表情をうかがう娘の気持ち、講座で理解してみ...

    母親の表情をうかがう娘の気持ち、講座で理解してみませんか   ※2019年5月11日「母親や他人の顔色...

    詳しく読む
  • 話しかけないでオーラを出す娘にどう接したら?

    話しかけないでオーラを出す娘にどう接したら?   ※2019年5月11日母娘問題講座を開催します。 ...

    詳しく読む
  • 娘から「連絡しないで」のメールがきたらどう対応し...

    娘から「連絡しないで」のメールがきたらどう対応しますか ※2019年5月11日母娘問題講座を開催します。 「母親...

    詳しく読む

About Me

横山真香(しんこ)
母娘関係改善カウンセラー

本当は母親こそがカウンセリングが必要なのです。母親こそが変わって欲しい。そうすれば母親自身も、そして娘さんも幸せになるプロセスが加速するはずです。
まだまだ世間一般に知られていない部分もある母親の心理について豊富なカウンセリング実績がございます。

著書:長女が母の呪縛から自由になる方法

著書『あなたはもっとラクに生きられる 長女が”母の呪縛”から自由になる方法』(大和出版)

連絡先

横浜元町ルーム(ステラハウス)
横浜市中区元町4-161-8ステラハウス3階303号室

東京広尾ルームグラマラスエイチ
東京港区南麻布4-5-48フォーサイト南麻布4階グラマラスエイチ