お母さんは私の召使い - 母娘関係改善カウンセリング|母娘の関係に疲れる、確執、不仲、修復はご相談ください

たくさんの方の悩みをお聞きしてきた心理カウンセリングの現場から、娘との関係改善を望む母親に向けた解決のヒントをお届けしてまいります。

母娘関係改善カウンセリング横山真香のブログ 横浜元町&東京広尾ルーム

お母さんは私の召使い

2024.6.11


お母さんは私の召使い

お母さんは私の召使い

 

母娘関係改善カウンセラーの横山真香です。

 

2023年7月に起きた札幌ススキノ切断遺体事件。娘の犯罪に加担したのは両親というショッキングなニュースでした。

そして、今年6月、母親の初公判が始まり、「私は娘の奴隷だった」という趣旨の発言に、再び、注目が集まりました。

この発言に、驚いた人は大勢いると思います。しかしながら、私のカウンセリングのクライアントさんの中には、「私は娘の召使い」、「奴隷同然の扱いを娘から受けています」と話す人は複数、存在します。

 

今回はこちらのテーマを取り上げてみます。

 

・娘は女王様

 

外では、ものすごく気を使い、素直で大人しい、というのが娘に対する世間一般の評価。しかし、その分、かなりのストレスがたまるのか、帰宅すると別人のようになる。

 

「水! 着替え! Tシャツがない、探せ!」という言葉が飛んでくる。

 

モタモタしていると、さらに激しい口調で「何、ぐずぐずしてんだよっ」と追い打ちをかけてくる。母親なのに、娘に怒鳴られて頭はパニック状態。早く何とかしなくては、と焦るからさらに動きが遅くなる。

 

・父親は黙認か、無関心、または容認

 

どう見てもおかしな母娘関係なのに同じ屋根の下で暮らす父親は、見て見ぬふり。娘の大声にも、気づかないふり、聞こえないふり。無関心を装っているのか、本当に無関心な場合も。あるいは、娘に嫌われるのがいやで、叱れない、怒らない。このタイプの父親は、とにかく娘の機嫌を損ねたくないのである。

 

こうした父親の態度が、よけい、娘の「自分は女王様」という思い込みを強めてしまう。父親に甘やかされる。娘はさらに、母親を見下すようになる。

 

・娘の反抗期から立場が逆転

 

では、いつから、このようないびつな関係が始まったのか、という疑問が生じる。

きっかけは、というと、ご相談で寄せられるケースで共通しているのは、思春期の反抗期からというのが多い。

 

小学校高学年、中学生になった娘が反抗するようになる。「これが反抗期か、でもしばらくすれば収まる」と思っていると、高校に入ってもまだ続く。反抗というのは、つねに不満を言う、無視する、怒るといった態度で、最初は母親もそんな娘に対抗し、言い合いになるのだが、娘の怒りのエネルギーに対して、母親の方は年齢とともにだんだん疲れてくる。

 

娘は怒りを爆発させ、物を投げることもある。母親は娘の文句や暴力に対し、面倒くさい、言うことを聞いた方がいい、早くすませようという態度になる。そこで、娘は母親が自分の言うことをきくようになったと思い、言動をエスカレートさせるのである。

 

・母親を責め、反論ができないほどに追い詰める

 

母親クライアントの多くは、「娘は口が達者で、こちらを攻め込んでくる。反論もできなくなってしまう」と言う。しかも、そうして責められる時間が長くなり、時には深夜にまで及ぶようになると、母親の方は思考判断がにぶり、娘の方が正しくて、自分が悪いのだ、と思うようになることも。

 

追い打ちをかけるのがLINEである。毎日、大量のLINEが送られ、その内容は母親を軽蔑する、見下す、非難する、言葉の暴力である。

 

そして、LINEに対して、「すぐに答えろ」と言ってくる。しかし、母親の方は、娘が何をたずねているのかわからない。文章がダラダラ長いだけで、何を言っているのかわからない。つまり、返信のしようがないのである。

 

しかし、そこがまた娘の責める理由になってしまう。

「どうして、返信しないのか。無視しているのか」。「こちらの言っている事が理解できないのか。お前はばかか」。

 

そもそも、娘の方は質問などしていないのに、こちらの聞いていることに答えろ、と無理難題を言う。そして、母親が答えられないとバカ呼ばわりする。

・母親をマインドコントロール

 

こうして、母親の自尊感情をずたずたにして、自分は無力で何もできないと思い込ませるように仕向ける。ここに支配関係が作られてしまうのだ。

 

言葉の暴力だけではなく、時に、物を壊す、足を蹴る、突き飛ばすといった身体の暴力もあると、母親の方は恐怖からさらに、言うことを聞くようになり、つねに娘を怒らせないように気を遣う。

 

母親の判断力が低下しているため、こうした状況をおかしいと思わなくなってくる。娘のマインドコントロール下に置かれてしまうのだ。

 

・身体からのサインに、まず気づくこと

 

こうした状態は、明らかにおかしい。しかし、母親自身は事実と向き合おうとしない。なぜなら、娘が怖いし、そんな自分が恥ずかしくて、現実を認めたくないから。けれども、いくらそうやって、自分の心に蓋をしようと思っても、身体の方が悲鳴を上げる。

 

ストレスがマックスになった状態で、カウンセリングに来られるクライアントさんは、どこかしら、身体の不調を抱えている。そうやって、身体がサインを出してくれたら、それは一方でチャンスでもあるのだ。なぜなら、今の状況をおかしいと気づくきっかけになるから。

 

身体の不調で一番多いのは、どこかにつねに痛みがあること。また、集中力が続かない。食事の味がしない、眠れない、時にわけもなく、涙が出る。何をしても楽しくないし、物事に対して感じる力が低下している、と話す方も多い。

 

もし、この記事を読んで頂いて、自分のことが書かれているような気がする(気がする、でもいいのだ)のであれば、誰にもじゃまされない所で、もう一度、このブログを読み返して頂きたいと思う。

 

今の状態がさらに悪化すると、母親自身、うつといった心の病になりかねない。そうしたケースも実際に見てきたので(カウンセリングに来られたときは、すでに診断が出ている)。自分と娘の間には支配関係など、存在しない、と思いたい気持ちはよく理解できるけれど、ここは正直に、現実を見直してほしい。それが私の願いです。

 

今の現状、ご自分と娘の関係を、まずは話してみませんか。

 

母娘関係改善カウンセリングのご案内はこちらから。

 

いつも振り回されてしまうのはなぜ? ご自分の性格傾向を知り、振り回されてしまう状況を変えていきませんか。

カウンセリングとは別メニューの

「実践マインド・プログラム」は、そんな悩みをもつ方のためのプログラムです。

プログラムの詳細はこちらから。

 

カウンセリング、実践マインド・プログラムについて、直接問い合わせをしたいという方は

ご連絡ください。

 

📞 090-5206-8576

お電話に出られない場合は、留守番メッセージでお願いいたします。折り返し、ショートメッセージをお送り致します。

テーマ: マインド


このブログを書いた人

母娘関係改善カウンセラー横山真香|SHINKO

横山真香(しんこ)

母娘関係改善カウンセラー横山真香です。母娘関係修復、改善のためのカウンセリングを行っております。母娘関係に悩み苦しむご相談が数多く寄せられており、カウンセリングの現場から必要な情報を発信しています。

詳しくはこちら

電話カウンセリングのお申し込み

今の状況を変えたい、母娘の関係を変えたいと少しでも願うならば、どんなことでも、どんな小さなことでもいいので何かをスタートしてみてください。 ぜひ私のところにご連絡を下さい。


ブログ検索



最近の投稿

  • 母親を大嫌いなのに、離れない娘 New

    母親を大嫌いなのに、離れない娘   母娘関係改善カウンセラーの横山真香です。   ...

    詳しく読む
  • 母娘問題ワークショップ開催のお知らせ

    母娘問題ワークショップ開催のお知らせ   東京大森ルームで、母娘問題ワークショップを開催致します。 ...

    詳しく読む
  • お母さんは私の召使い

    お母さんは私の召使い   母娘関係改善カウンセラーの横山真香です。   2023...

    詳しく読む
  • 娘の顔色を伺う母がウザい

    娘の顔色を伺う母がウザい 母娘関係改善カウンセラーの横山真香です。 娘クライアントさんからのご相...

    詳しく読む
  • 母にGW帰省を断られた長女の孤独感

    母にGW帰省を断られた長女、なのに次女は…   母娘関係改善カウンセラーの横山真香です。毎年、GWが終...

    詳しく読む

About Me

横山真香(しんこ)
母娘関係改善カウンセラー

本当は母親こそがカウンセリングが必要なのです。母親こそが変わって欲しい。そうすれば母親自身も、そして娘さんも幸せになるプロセスが加速するはずです。
まだまだ世間一般に知られていない部分もある母親の心理について豊富なカウンセリング実績がございます。

著書:長女が母の呪縛から自由になる方法

著書『あなたはもっとラクに生きられる 長女が”母の呪縛”から自由になる方法』(大和出版)

 音声ラジオで聴く on Spotify(18分)

 音声ラジオで聴く on Podcast(18分)

連絡先

横浜元町ルーム
横浜市中区元町4丁目(ご予約後にルーム場所の詳しいご案内を致します。)

東京大森山王ルーム
大森駅北口徒歩1分
東京大田区山王2-5(「大田山王郵便局」ビル横の細い道を入った突き当り右手の建物「山王ブリッジ」)

実践マインドプログラム