たくさんの方の悩みをお聞きしてきた心理カウンセリングの現場から、娘との関係改善を望む母親に向けた解決のヒントをお届けしてまいります。

母娘関係改善カウンセリング横山真香のブログ 横浜元町&東京広尾ルーム

人をいら立たせてしまう接し方、見直しませんか

2020.8.11


人をいら立たせてしまう接し方、見直しませんか

人をいら立たせてしまう接し方、見直しませんか

 

母娘関係改善カウンセラーの横山真香です。

 

  • 母親から「イライラする」と言われるのはなぜ?

 

母親など周囲から、「見ているとなんかイライラするんだよね」と言われたことはありませんか。

 

言われたという人は多分、複数回、それも何人かに言われているかもしれませんね。

 

なぜ、いら立たせてしまうのでしょう。あなたの何が苛立たせるのでしょうか? 行動? 言動? 雰囲気? 対応の仕方?

 

  • どのように対応していいのかわからず、頭の中がまっしろになる

 

おそらく、人から何か言われたとき、あるいはされたとき、すぐにリアクションできないのではないでしょうか。

 

「ねえ、何か言ってよ」とか「何ぼさっとしているのよ」と相手が苛立つほど、あなたは焦ってきます。けれども、あなたの思考自体は停止しているのです。

 

このような状況を、カウンセリングルームに来られたクライアントさんの多くは次のように言われます。

 

「頭の中が真っ白になっていました」。「まるで金縛りのよう」と言う人もいます。

 

どうして、頭が真っ白になるのでしょう。答えなければいけないのに、言葉が見つからない。行動しなければいけないのに、身体が固まっている。多分、表情はオロオロして、態度は硬直しているかオドオドしていると思われます。

 

相手にしたらあなたの様子が一目瞭然なので、よけい苛立ちが募ります。「まったく、いつもこの人、こうなのだから。ほんと、イライラする」「じれったいわね、早くしてよ」

 

つまり、もたもた、オロオロしている態度がイラつかせてしまうのではないでしょうか。

 

「そんなことは十分わかっているのだけれど、自分ではどうすることもできない」。あなたはそんな思い悩んでいるのでしょう。

 

実は、あなたが焦ってモタついてしまう本当の理由は、相手が望むようにするにはどうしたらよいのか、そこに焦点を当てなんとか答を出そうとしているからです。

 

  • 相手に合わせようとする癖に気づく

 

相手の機嫌を損ねないようにするには、何と答えたらよいのか。どう動くべきか。そればかりを必死に考えますが、答えはすぐに出てきません。なぜなら、相手の望むことなんて直接聞かない限りわからないからです。

 

では、直接聞くことは可能でしょうか。できないですよね。

「今、私になんと答えて欲しいと思っていますか」「私がどのように動けば、あなたは満足しますか」なんて聞くわけにはいかず、相手も「その位自分で考えてよ」と言いかねません。

 

場合によっては相手もわかっていないときがあります。この人に何をどうして欲しいのか、明確でない場合もあるのです。相手に何を求めているのかその人自身わからないのであれば、こちらがわかるわけはないのです。

 

また、あなたのおもねるような言動は、ご機嫌取りのように見えることもあります。それが相手のイラつく原因にもなります。

 

結局、人からそう感じられるのは、あなたが自分より相手の気持ちを優先させようとするからです。

 

自分にはこうした傾向があると感じるなら、相手に合わせようとする癖に気づき、自分がどうしたいのかを先に考える癖をつけましょう。

 

  • 今までの思考パターンを検証

 

今までの思考パターンは、

何かが起こる

相手が何を求めているのかを考える。想定したことを実行する、または発言しようとするが、そこにもたついてしまう。

結果、相手をいら立たせてしまう。

 

このパターンをあらためる。

何か起こる

それについて相手がいるが、自分はどうしたいのかを考える。それをメッセージとして伝える、または行動することで相手とのフェアな関係性を成立させる。

相手はあなたの意向を理解する。お互いの折り合いがつけばそこで話は終わる。折り合いがつかないようならば、接点を見つけるためのコミュニケーションを続行、またはその必要性がなければそこで打ち切る。

 

これができるようになると、自分の意思で動くことが可能になり、相手もあなたの考えていることを理解できスムーズなやり取りが実現できるのです。

 

しかし、そうはいっても長年凝り固まった思考パターンは簡単に変えるのは難しいです。

 

  • マインド(=心の姿勢)を少し変えてみたら

 

私は、相手に対するマインドを「心の姿勢」と表現しています。マインドや思考パターンを理想のように変えたいという人は多いでしょう。しかし、「どうやったらマインドや思考パターンを変えられるの?」と方法がわからないのではないでしょうか。

 

私のカウンセリングメニューの一つ、「実践マインド・プログラム」は、マインド=(心の姿勢)を再構築するコンセプトで作りました。

 

「実践マインド・プログラム」は自分の性格傾向を知り、何が相手をイラつかせてしまうのか、そのためにどのようなマインドが必要なのかを、実践を通して手に入れて頂くものです。

 

今まで相手に合わせようとして焦り、結果さらにいら立たせてしまう関係は、あなたのマインド次第で変わる可能性があります。

 

この機会に、今までの思考パターンを見直し新しいマインドを作り直してみませんか。

 

「実践マインド・プログラム」のご案内はこちらになります。

 

 

ご覧になって、私に直接内容を聞いていたい方はお電話かZOOMで10分程、ご説明をさせて頂きます。

 

連絡先はこちらになります⇒ 090-5206-8576

(平日・土日祝祭日9時~21時 セッション中は出られないことがあり、その場合はSMSでのお問い合わせも可能です)

 

 

 



このブログを書いた人

母娘関係改善カウンセラー横山真香|SHINKO

横山真香(しんこ)

母娘関係改善カウンセラー横山真香です。母娘関係修復、改善のためのカウンセリングを行っております。母娘関係に悩み苦しむご相談が数多く寄せられており、カウンセリングの現場から必要な情報を発信しています。

詳しくはこちら

電話カウンセリングのお申し込み

今の状況を変えたい、母娘の関係を変えたいと少しでも願うならば、どんなことでも、どんな小さなことでもいいので何かをスタートしてみてください。 ぜひ私のところにご連絡を下さい。


ブログ検索



最近の投稿

  • 映画『コロンバス』で娘は夢と母、どちらを選んだ?... New

    映画『コロンバス』で娘は夢と母、どちらを選んだ?   母娘関係改善カウンセラーの横山真香です。 ...

    詳しく読む
  • 母親を見下す娘、モラハラ夫が原因? 

    母親を見下す娘、モラハラ夫が原因?    母娘関係改善カウンセラー横山真香です。   ...

    詳しく読む
  • 姉妹間格差でバトル、母親は仲を取り持つべき?

    姉妹間格差でバトル、母親は仲を取り持つべき?     母娘関係改善カウンセラーの横...

    詳しく読む
  • 子供嫌いの母親に育てられた娘の苦悩をリセットする...

    子供嫌いの母親に育てられた娘の苦悩をリセットするには?   母娘関係改善カウンセラーの横山真香です。 ...

    詳しく読む
  • 人をいら立たせてしまう接し方、見直しませんか

    人をいら立たせてしまう接し方、見直しませんか   母娘関係改善カウンセラーの横山真香です。 &n...

    詳しく読む

About Me

横山真香(しんこ)
母娘関係改善カウンセラー

本当は母親こそがカウンセリングが必要なのです。母親こそが変わって欲しい。そうすれば母親自身も、そして娘さんも幸せになるプロセスが加速するはずです。
まだまだ世間一般に知られていない部分もある母親の心理について豊富なカウンセリング実績がございます。

著書:長女が母の呪縛から自由になる方法

著書『あなたはもっとラクに生きられる 長女が”母の呪縛”から自由になる方法』(大和出版)

連絡先

横浜元町ルーム
横浜市中区元町4丁目(ご予約後にルーム場所の詳しいご案内を致します。)

東京広尾ルームグラマラスエイチ
東京港区南麻布4-5-48フォーサイト南麻布4階グラマラスエイチ

実践マインドプログラム