たくさんの方の悩みをお聞きしてきた心理カウンセリングの現場から、娘との関係改善を望む母親に向けた解決のヒントをお届けしてまいります。

母娘関係改善カウンセリング横山真香のブログ 横浜元町&東京広尾ルーム

思春期を過ぎた娘からの暴言「お前」に傷つく母親

2020.4.6


思春期を過ぎた娘からの暴言「お前」に傷つく母親

思春期を過ぎた娘からの暴言「お前」に傷つく母親

 

母娘関係改善カウンセラーの横山真香です。

 

  • 母親に「お前」「ウザい」と言う20代、30代の娘

 

中学生になった娘が親の言うことを聞かなくなった。それどころか、母親のことを「お前」呼ばわりする。反抗期だと思い、しばらく様子を見るも高校生、大学生になっても態度は変わらず。

 

「こんなまずいメシ、食べられるかよ」と食事の最中に言う。何か注意すれば「ウザい」。そんな娘の態度にオロオロしてしまう母親。そうなると、よけい娘は反抗的になるでしょう。

 

小さな頃は母親の姿が見えなくなると泣き出して、後追いするほど甘えていたのに、今ではなぜ心をえぐるような暴言を吐いてくるのでしょう。

 

言葉は、人の心を温かくする最高のプレゼントにもなれば、深く傷つける武器にもなります。娘が吐き出す暴言は、母親にとって強力な武器となり心身に不調をきたす場合もあります。

 

  • 親子関係が上下関係に

 

言葉を武器の一つと見なすなら、なぜ娘はこのツールを使い、母親を攻撃してくるのでしょうか。

 

私は、20代、30代になっても思春期真っただの中女子中学生のように母親を「お前」と呼び捨てにする娘をもつ母親クライアントからご相談を受けています。

 

クライアントの話に登場する娘に共通するのは、母親を「お前」「うるせえ」と威嚇する言葉を発するので、家がさぞかし嫌なのだろうと思うのですが、その割に一人暮らしを始めるといったことはしないのです。

 

「そんなに私のことが嫌なら、一日でも早く家を出て自活して欲しい」と話す母親クライアントは大勢います。実際、口に出しても言っているそうです。

 

「ご飯がまずいならば、一人暮らしを始めて自分で食べたいもの作れば?」、母親がそう言うと、「経済的にできたらさっさとこの家なんか出て行くよ」と言い返す娘。

 

クライアントの中には、暴言を吐いてくる娘の顔を見るのがストレスなため、こちらが援助して家を出て行って欲しいと真剣に考える人もいます。

 

しかし、たとえそのようなサポートをこちらから提案したところで、娘は出て行かないでしょう。なぜなら、暴言を吐く相手が目の前にいてくれないと困るからです。

 

娘が母親に暴言を吐くのは、相手のプライドを貶め自分が上に立ちたいからです。そのポジションが娘には魅力的なのです。

 

  • 外面がとてもよい娘

 

暴言を吐く娘に見られる傾向として、一人暮らしはあまりしたがらないということを書きましたが、他にも次のような点が見られます。それは、外面がとてもよいということです。

 

友達づきあいがよい、教師や友人の保護者への対応は完璧。「うちの娘に欲しい」と言われるほど大人に愛想がよいので、まさか家でこうした暴言を吐いているとは想像もつかない。

 

しかし、愛想がよいのが自然にできるのならばともかく、実際はとても気を遣っているのです。ときには、友人に対して卑屈なまでに下に出てご機嫌を取ることも。そうすることで友人関係が維持できると思っているところがあり、細部までの気配りに本人は疲れてしまうことがあります。

 

外では気を遣い自分をあえて落とすことも辞さないやり方は、気疲れにつながります。外でのコミュニケーションでクタクタになって帰ってきて、母親の顔を見るなり疲労が怒りの感情にとってかわり感情が爆発。

 

外では自分のポジションを下にしていたのが母親の前では上になり、力を誇示しようと命令、支配的な言葉になります。

 

言葉は伝達手段ですが、「○○してくれますか?」と「○○しろ!」とでは表現が全く異なります。さらに暴言を吐くのは、相手を威嚇し下の立ち位置につけようとする意図があります。

 

  • 人間関係のバランスがとりづらい娘

 

このように暴言を吐く娘の傾向を見ていくと、世間と家庭内における人間関係のバランスが崩れているのが見て取れます。それもかなり両極端であるのが顕著です。

 

ここで母親が「外で他人にそんなに気を遣わなくても」などとアドバイスしようものなら娘は激怒します。なぜなら自分より下と位置付けている母親が偉そうに意見するなど許せないからです。

 

思春期をとっくに過ぎた娘が今でも母親を「お前」と呼びつけて暴言を吐くのは、母娘の間を上下関係にすることで自分が上にいることを確認したいからです。本来はそのような必要は全くないのです。しかし、あえてそれをするのは、娘自身、自分に自信がないからです。

 

娘からの暴言は母親の自尊心を損なわせるものです。人間は怖いもので、いつのまにかその関係性に慣れます。娘から言われる侮蔑的な言葉に対し怒りの感情が麻痺してしまうのです。

 

もし、あなたの娘がまだティーンエイジャーで「お前」と言い始めたら素早く反応して下さい。「その呼び方はやめなさい」と断固として言ってください。

 

私のところに来られる母親クライアントの中には、「お前」呼ばわりする娘に断固拒否していないように見受けられる人もいます。

 

すでに娘が社会人になっているのであれば、娘の暴言に毅然と立ち向かえるような心の準備を始めましょう。娘の暴言が始まったときに、オロオロしたり機嫌を取るようなことはしないで、「私はあなたからそのように呼ばれるのはとても嫌だ」という姿勢を明確に打ち出しましょう。

 

「気が弱くてそれができない自分が恥ずかしい」と思わないでください。娘が母親に暴言を吐くのは、上下関係を構築することで自分に自信がないのを打ち消したいのです。でも、そのために母親が我慢する必要はありません。

 

もし、このブログを読んで自分にあてはまると思ったのならば、一度私のカウンセリングでご自身の状況を認識してみませんか。

 

ここ数年、娘との関係についてあなたは何かモヤモヤしたものを感じて悩んでおられるはずです。娘が次々と吐く暴言に、自分が悪いのだと思っていませんか?

 

カウンセリングは、ご自分が今どのような状況にあり、娘との関係がなぜこじれているのかが客観的にわかるようになります。

 

現状維持のまま娘に暴言を吐き続けさせるのか、あなたが母親として毅然とした態度を取れるようになるのか、このブログを読んだことでぜひ今を変えるきっかけにして下さい。

 

カウンセリングに関するお問い合わせは私のホームページからどうぞ。

 

またはお電話カウンセリングも行っています。☎ 090-5206-8576

 

いきなりセッションにはいるのではなく、まずカウンセリングがどのように進められるのか、このような内容が相談テーマになるのかなどをお電話によるお問い合わせでもお受けしております。

 

いつでもご連絡下さいませ。(9時~21時までの間で、セッション中は出られないこともございます。ご了承下さいませ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



このブログを書いた人

母娘関係改善カウンセラー横山真香|SHINKO

横山真香(しんこ)

母娘関係改善カウンセラー横山真香です。母娘関係修復、改善のためのカウンセリングを行っております。母娘関係に悩み苦しむご相談が数多く寄せられており、カウンセリングの現場から必要な情報を発信しています。

詳しくはこちら

電話カウンセリングのお申し込み

今の状況を変えたい、母娘の関係を変えたいと少しでも願うならば、どんなことでも、どんな小さなことでもいいので何かをスタートしてみてください。 ぜひ私のところにご連絡を下さい。


ブログ検索



最近の投稿

  • 振り回されないマインドを育てる”実践マインド・プ... New

    このたび、新しいプログラムを作りましたのでご案内させて頂きます。 ☟ いつまで娘に振り回されるのか。こんな自分、卒業...

    詳しく読む
  • 在宅で女王のように振る舞う娘に我慢の限界の母親は...

    在宅で女王のように振る舞う娘に我慢の限界の母親は… 母娘関係改善カウンセラーの横山真香です。   ...

    詳しく読む
  • 気を遣い過ぎる娘、原因はお母さんのせいと言われて...

    気を遣い過ぎる娘、原因はお母さんのせいと言われて…   母娘関係改善カウンセラーの横山真香です。 ...

    詳しく読む
  • 母の日、娘のギフトを待ちわびた母だったが…

    母の日、娘のギフトを待ちわびた母だったが…   母娘関係改善カウンセラーの横山真香です。 &nb...

    詳しく読む
  • 母親を言葉で傷つける娘の心理とは

    母親を言葉で傷つける娘の心理とは   母娘関係改善カウンセラーの横山真香です。   ...

    詳しく読む

About Me

横山真香(しんこ)
母娘関係改善カウンセラー

本当は母親こそがカウンセリングが必要なのです。母親こそが変わって欲しい。そうすれば母親自身も、そして娘さんも幸せになるプロセスが加速するはずです。
まだまだ世間一般に知られていない部分もある母親の心理について豊富なカウンセリング実績がございます。

著書:長女が母の呪縛から自由になる方法

著書『あなたはもっとラクに生きられる 長女が”母の呪縛”から自由になる方法』(大和出版)

連絡先

横浜元町ルーム
横浜市中区元町4丁目(ご予約後にルーム場所の詳しいご案内を致します。)

東京広尾ルームグラマラスエイチ
東京港区南麻布4-5-48フォーサイト南麻布4階グラマラスエイチ

実践マインドプログラム